×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビーグレンのハイドロキノン濃度は安全・危険?効果ない?

ビーグレンのハイドロキノン濃度について

ビーグレンは低濃度なのになぜ売れているか

 

最新キャンペーン告知サイトはこちら今月のビーグレンキャンペーンを見る

 

ビーグレンのハイドロキノン濃度は1.9%配合。他の製品と比べると一見濃度が低く効果が少ないように感じます。
たとえばドクターシーラボには5%配合されていますし、皮膚科では10%のシミ消しクリームが処方されたりもします。
しかし、うわべの成分の濃さを重視してはいけません

 

なぜかというとハイドロキノンというものは「肌の漂白剤」といわれるほど刺激の強いものですから
配合割合が高くなればなるほど、副作用の危険性も伴います。

 

ビーグレンがテレビCMや雑誌広告をほとんど露出させずになぜここまで売れているかというと
1.9%とという低濃度でありながら独自の浸透技術によって安全かつ合理的な効果を発揮するからです。

 

富士フィルムのアスタリフトなどでも成分を非常に小さい状態にする技術のコスメの効果が話題になっていますが
アメリカのドクターズコスメであるビーグレンは早くから成分ナノ化技術でハイドロキノンの効果を引き出しています。

 

引き出す、と書きましたが正しくは、最低必要量の成分をシミが発生する「現場」にまで染み入って
安全に漂白効果を得られるようにしたのが、ビーグレンの国際特許の技術です。

 

特許があるために他者では真似をしたくても出来ないという特徴があります。
これこそがビーグレンが他の美白製品との違いです。

 

最新キャンペーン告知サイトはこちら今月のビーグレンキャンペーンを見る