×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニキビ予防の洗顔回数

こちら

にきびのお手入れには様々な方法がありますが、にきびケアの基本であり、スキンケア効果もあるのは洗顔です。にきびケアのための洗顔は、回数が多ければ多いほど良いというわけではありません。適切な洗顔頻度は1日に2、3回です。にきびを改善するために洗顔をする場合は、肌に負担をかけないことが最重要です。最初は洗顔料を使わず、顔をぬるま湯でさっと湿らせてから、洗顔剤を使います。皮脂汚れや、皮膚から分泌された油分などは、湯だけの洗顔でもきれいになります。

 

 

その次に、洗顔料を手のひらで十分に泡立てます。きれいな泡ができないという人は、市販の泡立てネットを使いましょう。手が直接に当たらないよう、泡で皮膚の汚れを浮かせるように洗顔を行います。皮脂の多いところは特に念入りに。決して力を入れてゴシゴシこする洗顔方法はおすすめできません。にきびのできやすい顎や首筋も忘れずに洗いましょう。洗顔後はぬるま湯でしっかりとすすぎ、泡残りがないように注意をします。タオルで顔をふく時は、顔の水分をタオルに吸収させるようなつもりで、顔をこすらないように気をつけるようにしてください。手でもタオルでも、顔をこすらずに汚れを落とすことが、正しい洗顔方法です。1日も早くにきびのない皮膚になるためにも、適切な洗顔方法でスキンケアを行いましょう。


ニキビ予防は洗顔回数が多いほど良いというわけではない関連ページ

サンソリットハイドロキノールクリーム